ヒアルロン酸化粧品の正しい使い方

rgere
せっかく美肌に効果があるヒアルロン酸が配合されている化粧水を使用していてもその使い方が間違っていたら効果は半減してしまいます。
なので化粧水の正しい使い方を紹介したいと思います。

化粧水の種類

まず化粧水によって配合されているヒアルロン酸の種類によって効果が異なるので違いを理解しておきましょう。
ヒアルロン酸と表示されている場合は肌の表面の保湿力を高めて肌のバリア機能をサポートしてくれます。
低分子ヒアルロン酸と表示されている場合は表面の水分を保湿しつつ、さらに肌の奥の角層に浸透するので効果が長持ちします。
スーパーヒアルロン酸と表示されている場合は保湿力とその持続性が高く、水分補給と水分蒸散防止の効果もあります。

化粧水の正しい使い方

では次にヒアルロン酸の効果を最大限に発揮させるために化粧水の正しい使い方について説明したいと思います。
化粧水を使うのは洗顔後やお風呂上がりなど肌が乾燥している時です。まず肌全体を整えましょう。
そして特に乾燥が気になる部分に化粧水をなじませるのがコツです。
化粧水は顔にすぐにつけるのではなく、まず手のひらで温める事で肌への馴染みがよくなります。
また指だけで塗るよりも手のひら全体で顔を包み込むように塗ると効果的です。
ヒアルロン酸が配合されている化粧水は保湿効果が高いので化粧水を正しく使うと肌に手が吸い付くようなしっとりかんに仕上がります。
ヒアルロン酸配合の化粧水はたくさん販売されていますが、ヒアルロン酸の成分量やその他の配合成分などを買う前に確認しましょう。
購入前に化粧品メーカーのサイトで商品情報の詳細をチェックしたり、口コミの情報をチェックする事で化粧品選びの失敗は少なくなると思います。
ヒアルロン酸やコラーゲン配合の化粧品は保湿効果が高いというイメージがありますよね。
では実際にヒアルロン酸配合の化粧品を肌に塗る事でどんな効果を得る事が出来るのでしょうか?

化粧品のヒアルロン酸では出来ない事

もともとヒアルロン酸とは体内で作り出す事が出来、肌の真皮で肌の弾力保持のために働いているのです。
trerrw
しかし加齢すると体内で作られるヒアルロン酸が減少してしまい、その結果肌が乾燥してしまいます。
そこで体内で減少したのならスキンケア用品として外側からヒアルロン酸を摂取すれば若々しい肌に戻るというわけです。
ですが体内で作られたヒアルロン酸と化粧品に含まれるヒアルロン酸が同じように働けるわけではありません。
体内で作られたヒアルロン酸であれば真皮に辿りつく事が出来ますが、化粧品のヒアルロン酸は分子が大きいために肌の一番外側の角質までしか届きません。
そのため全く同じように肌が弾力保持出来るわけではありません。

化粧品のヒアルロン酸でも出来る事

では肌の真皮まで辿りつかないから無意味なのか?というとそうではありません。
一番外側の角質層の水分の蒸発を防ぐ働きがあるので一定の保湿効果はあると実証されています。
そのためヒアルロン酸が配合された化粧品を使用すると保湿効果でジワの予防や改善、肌のバリア機能のサポートなどの効果が得られます。
また最近は技術が進み化粧品のヒアルロン酸を低分子にする事で肌の奥まで届く浸透性の高い商品も発売されています。
体内でヒアルロン酸が急速に減少するのは40代後半だと言われていますが、それ以外にも不規則な生活習慣やストレスなどが原因で若くても肌が乾燥している人は少なくありません。
なので肌が乾燥していると感じたらヒアルロン酸が配合されている化粧品を選びようにしましょう。
肌にお悩みの方、ヒアルロン酸注入してみませんか?あなたの肌もきっと若々しく綺麗になります。